人気のあるもの

窓辺で一杯

ウォーターサーバーの人気は大きく分けて3種類に大別されます。それは、品質、おいしさ、コストの3点です。 いずれも大切な要素で各社が競っている要素ですが、代表例を挙げて紹介していきます。 まず、品質においては雑菌状態や消費期限の問題のみならず、放射性物質の有無が判断基準です。アクアクララなどでは不純物もナノレベルまで除去するほどであり、大きな話題となっています。 おいしさについては人それぞれ好みがある為、複数の採水地から選べるサーバーが人気となっています。例えば、4種類の名水を選択できるコスモウォーターは味を追及する方などに人気です。 そしてコストは、言うまでもなく多くの方が気にするポイントです。コストにおいてはウォーターサーバー業界でも屈指の1リットルあたり50円を切るほどの、良水市場のお水が注目を集めています。

ウォーターサーバーを選択するときに利用者が気にするポイントは、味や品質にコストなど様々です。ですが、これから人気となる要素はある程度予想が立ちます。 これまでは原発事故や食品混入事件などの為にどうしても安全性を追及、セールスポイントとする企業が多かったですが、現在ではこの点に関してほとんどのウォーターサーバー各社は満たしている状態です。 したがって、今後の人気要素はコスト面の差に加えて味の選択性などが重要な選別ポイントになってくるでしょう。特にコストの点では現在多くの企業が販売している競争状態ですから、低価格化の努力は行われると予測されます。また、これらの要素以外において、サーバーの省電力化などによるコストカットの努力にも注目が集まっており、より低価格での利用が実現しそうです。